言語聴覚士や理学療法士、作業治療士などの医療業界へ転職するための専門知識(資格)を学習する専門学校【関西総合リハビリテーション専門学校】

  • HOME
  • 未来を見つめるあなたへ

未来を見つめるあなたへ

社会人入学生の皆さんへ学校からのメッセージ

21世紀の高齢社会に望まれる有能で信頼される医療人を育てる

医療法人が母体ゆえに実現できる、 質・量ともに充実の臨床実習

本校は次世代のセラピストを養成する医療系専門学校とし て、平成13年に創立しました。まだ兵庫県下に養成校が数校しかなかった時代より、病院や介護 老人保健施設など25施設を擁する医療法人社団「順心会」を経営母体とし、施設と学校が連携することで、現場で活躍できる医療人の育成を実施 してまいりました。この「臨床力」こそ、本校の一番の特色です。
現場を知ることを第一に、基準を上回る実習の時間を設定。学生は学内で学んだ基礎知識を基に、病院や施設での臨床実習を行うことによって、セラピストに必要な 技術・能力・知識を養います。患者様と実際に接することで人間性が磨かれ、現場での思考法も培われます。実習体験の中で得た力は即戦力につな がります。
現在、高齢化の急速な進行とともにリハビリテーションの重要性が高まり、セラピスト養成校も急増しています。
しかし、どの学校を選び、どのように学ぶかで、同じ国家資格を持つ者であっても、即戦力に違いが出てきます。本校では社会競争に打ち勝つ即戦 力を実践教育しています。

社会人学生から有能な療法士へ 入学前から資格取得までサポート

本校では高校新卒の方以外に、社会人学生も多数在籍しています。「異業種から医療業界を目指される人」、「手に職をつけるために入学される人」、「医療業界で働いていて、さらなるスキルアップを目指す人」など、動機や経歴、年齢も実に多様です。
社会で働いた経験を十分に活かし、個人の特技としてアピールできる強みが社会人学生にはあります。さまざまな人を相手にする医療職を目指すにあたって、社会経験は必ずプラスになります。専門職だからといって、他の業界に疎いようでは、対人援助職であるセラピストは務まらないからです。